FC2ブログ
日常の全ては音からできている。…んですかね?
ちょっと前の話だが、先週の平日ライブに行った。

平日に行く、というのは以前はそこまで意識がなったが、いまは特別感がある。

ピンポンパンクとか月曜にやってたしね。

早めに仕事を切り上げて、着替えて向かうって、この感覚良い、と思った。


場所は、渋谷の新しくできたライブハウス。

初めて行ったが、でかいね(もちろんいつもよりってことだが)。

オープン時間を間違って早目についたんだけど、そこから爆音。

終始音に攻められ続け、正直疲れてしまった。

もちろんラウンジとかもあるから移動すればいいんだけど、あんな音を出す意味があんのか?

BGMじゃないの?


ライブ自体もバリバリいくぐらい爆音で、音が割れていないか?って感じるくらい。

その大きさが特長なのか?とも思ったが、しっかりバンドの音を再現できていないとも感じた。

知ってるバンドならいいんだけど、初見のものは何をやっているのかよくわからなかった。

思わず店員に「音って毎回こんな感じでデカイんすか?」って聞いてしまったんだけど、そうっすねとか言っていた。

(大きいところは慣れてないし)そういうライブハウスもあるのかなって思うけど、アレを好む人はいるのかな。

PASTAFASTAは四人時代のような感じで懐かしかったけどね。笑

あと、しっかり調節できるバンドは大丈夫だろうなって思った。

そこも、うまさのうちなんだろう。


出たバンドは良かったから、もう一回くらい行って比べてみたいな。

耳鳴りはなかなか治らなかった。
スポンサーサイト



昨日、下北沢(から徒歩10分超)にライブ行ってきた。

スタジオファミリア、という初めて名前を聞いたし、もちろん初めて行った場所。

遠かった…


というのも、向かう途中から降り始めた雨が、もう暴風雨になった状態で駅から歩いていったもんだからさ。

駅を出てすぐ、傘の骨が折れて役立たずになって、靴、靴下、ズボンまでびしょ濡れになりましたよ。

心折れずに到着できて良かった、ってくらい。


まあでも、ライブ自体は快適でした。

スタジオだから頑張って見ねば!とか気張っていったんだけど、全くそんなことない。

自分が慣れたせいもあるが、居づらいとかそういう感覚もなかったし、少し配慮があったのかとも思う。

広いとは言えないけど、きれいで、座れる場所もちょこちょこあるし、スーパーも近いしで、満足でした。


そして、トリプルファイヤー。

着いたらもう始まってたんだけど、面白いね。

演奏自体はかっちりしてるんだけど、ボーカルが味がある崩れ方で、凄い引き込まれた。

内容は日常をそのままぶつけたような感じで、ラップというか喋りを無理に音にのせるという感じ?それが異様に客をのせる。

ライブ後のボーカルさんの冴えない感じも、とても好感が持てました。

また見たい、音源買うの忘れたし。

凄く良かった。


その他、全バンド良かった。

テッセンドリコ、すぐ終わっちゃったけど、chewzの流れを継いだ感じで、まだまだ良くなると思えました。

九州からきたマクマナマン。よくわからなかったので、もう一回ライブハウスでみたいな。



スタジオライブって、知ってるバンドをより近くで見れるし、やりたいようにできるだろうし、もっと色んな企画があっても良いかな、と思う。

まあ、大変な部分もあるだろうけど、しっかり目的を持って、それにあわせて使い分けてやっていってほしいです。

面白い企画、楽しいね。
土曜日、ライブ行ってきた。


上野の野外音楽堂で。

初めて行ったが、まず前の不忍池が凄く解放感があって良い。

また散歩にでも行きたいと思える場所。


どこから入るのかな?って心配になったが、当日はいかにもなパンクな方々がたくさんいたので、フラフラついていったら迷いませんでした(笑)

みんなどこに隠れてたの?ってくらい見た目が奇抜な人がたくさん。

まあ、少しこわいよね。


ライブ自体はとてもリラックスして見られました。

入場時も、金払って再入場のためのスタンプを押すだけ。

シンプル。結構いい加減だなって思ったけどね。

入ったらステージから円形上に段差がついて席が設けられてて、各々自由に見ている。

疲れて寝てる人とかいたしね(笑)

あと子供がDSしてたり絵本読んでたり。アットホーム感たっぷり。


そんな中でも、最前では拳を振り上げるみたいのもあってね。

個人的には、超久々に見たMELT-BANANAがキレッキレで最高だった。

興奮しつつ、まじまじと見れた。

ベースがタフ。ゴリゴリ。

だいぶ見ていないうちにドラムが変わっていたね。上杉隆みたいなみための人。

PIGMENでやってる人、よく頭にタオルまいてる人の次かな?凄く正確でパワフルだったし、気持ち良さそうにやってた。

またすぐにでも見たい。


あとは全くの初見のSPIKE SHOES、ベテランで今回仙台から参加だったようだけど、気持ち良いくらいに突き抜けてる音だった。

わかりやすい、というと印象が良くないが、本当にブレがないようなハードコア、自分達の好きなようにやっている感じ。

モッシュで暴れてる白髪混じりのハーフコート着た男性がすごく気持ち良さそうに暴れてて、それも良かった。

気持ち良かった。


最後、主催のVIVISICK。

これもライブ自体は初見。

こんな人たちがやってんだ、って思ったね。ギターのhideみたいなビジュアルの人とかさ。

だいたい曲は知ってたけど、ハードコアなんだけどみんなでシンガロングみたいな感じ。

一体感があった。

盛り上がってました。



ストレスもなく、本当に楽しめたライブでした。
GWということで、様々なイベント、ライブがある。

可能なかぎり、行きたいものには行った。

それぞれ、思うところがあった。



フリーのイベント。

アレはあまり期待しちゃいけないなって感じた。

タダってのはやっかいで、いつも見ない(見れない)ようなメンツだったりするわけだが、見れるだけでヨシとしないと、どうも不満ばかり出てくる。

色んな人が来るし、場が乱れる。

というのは、いつも行ってるライブとのギャップなのかな…

でも規模の大小に関わらず、なんかフリーにすると色々ある気がする。



昨日の、小岩BUSHBASHでのTIALA企画。

ツイッターでも書いたが、もう良いしかなかった。

やっぱり「コレだよ!」って、色々行って比較できたから、より、感じた。

個人的なライブの良さって、「近さ」だと思う。

全部近いもの。

近くても成立つ規模で、全体が一体となっている(と感じる)。

しかも自然とそうなっている。

(つけるつもりはないが)文句ない。

最高でした。



また、ライブ行こう。
3連休、不毛な時間ばかりすごしてしまっている。

音楽でも聴きながら、部屋でじっとしているだけである。

とりあえず動画を見つけたので、載せておこう。




SNAREKILLS、なぜかユニオンでたくさん見るので、ピンときたら買ったほうが良い。

たぶん800円くらいだから。







そしてJAILBIRD Yもね。




休みを利用して大阪あたりまで見に行ってしまおうかと思っている。

そういう経験もアリだよね、今のうちしかできないし。


お金降ってこないかな、といった心境です。





何度見ても凄いな。
見に行ってきました、渋谷まで。

やっぱりしっかりしたライブハウスも良いな、と感じた。

スタジオライブとかみたいに臨場感があってとか、それぞれ良さがあるけど、音がうまく調節されて聞けるってのはそれはそれは素晴らしいことだ。

今日もステージとフロアとで交互にやってたけど、ステージはしっかり聞けて、フロアではそれに合ったバンドで近くてごちゃごちゃしてて(もちろん良い意味で)良かった。


まあ、今日は一番の目当てのSNAREKILLSを見れただけで良かったのかもしれない。

音源を聞いてそれはそれは何度も聞くほど好きになったけど、見たらやっぱりすきだわって思ったもの。

前半は緊張してるのか前のめりがガンガンいく。それが良い。

後半あったまってきてガッチリはまってきて、もうもう良かった。

良かったしか言ってないけど。

がむしゃらにやる感じがさ、必死にやる感じがいいんだわ。

地方のバンド特有の、少し尖った感じとかさ。

ツボなんだわ。

明日のライブもみたいけど、次にとっておこう。

また東京に来てほしい。

もしくは九州に見に行くか。

とにかくまた見たい。



明日は職場の運動会。

果たして、走れるのか!?

久々にDASHBOARDを聞いている。

1stを。いいね。


ワタシとDASHBOARDとの出会い。

確か上京して何年かして、新宿のタワレコで2ndが発売されてるのを見たところだ。

大仏がかいてあるジャケットでどんなんだろ?って思ったが、当時FRUITYをきっかけに始まった個人的STIFFEEN RECORDSブームがあったため、とりあえず買ったはず。

試聴もせずにSTIFFEEN RECORDSなら間違いないだろって理由でレーベル買いをしたんだよね。

正直買ったあと聞いて、う~んって感じだったかな。


その後数か月して、とあるハードオフの、とあるジャンク品コーナーにて。

1stを見つけまして。

値段にして、10円。

10円ですよ、驚愕でしたね。

即買いしました。

でも、ジャケットもないし、ケースもマキシシングルの薄いタイプ。しかも割れてる。

そして、盤の中央には「SAMPLE」の文字が。

こんなん売ってるんだーって思ったのと同時に、DASHBOARDでもSAMPLE盤なんて作るんだってことね(失礼!笑)


まあ、とにかくSAMPLEだろうと普通に聞けるのでガンガン聞きまして、好きになりましたね。

1stのがいいね~って。やっぱソウルパンクだよなってね。(たしかそんな風に言われてたよね)

まあ、今ではそこから2ndの変体さの方が好きになったけどね。


まあ、そういうことだよね。

書くのが面倒になったのね。

そんなわけで、DASHBOARD聞いてます。

ダメだな、書いてる途中で飽きるのは。
これ、行きたい!

メンツが凄すぎる!!



2月27日(土)@東京新大久保EARTHDOM
murata presents
『SCUM BIRTHDAY FINAL!』
open/start 14:30/15:00
adv/door \2800/\3000(+1drink)


BAND:
MANDOG
cottonioo
七尾旅人
ヨダレサゴ(from 神戸)
sim(大島輝之+大谷能生+植村昌弘)
STRUGGLE FOR PRIDE
NICE VIEW(from 名古屋)
MELT-BANANA
Chaos Jockey(山本精一+茶谷雅之)
KURUUCREW+吉田ヤスシ(from SUSPIRIA)

DJ:
L?K?O
やけのはら
CARRE
ARAKI(from 仙台)
style 00(from 横浜)
相川勝+矢代諭史(from 八広HIGHTI)


FOOD:
破壊宙!!




でも行けないっぽい!!!
一日ダラダラして過ごしてしまった。

もったいない。


前に知人にワタシはインドア派だって話したとき、家で何してるんですか?って言われて言葉に詰まった。

何してるんだろうってわからなくなった。

いや、たぶん何もしてないんだよね。

何もしないのに一日って終わるんだよね。

残念ながら。

あえて言うなら、寝るか飯食うか。

終わってるな。

何かしないと。


***


昨日のOPAC企画、良かった。

着いたらすでに始まっていてた。

UTOPIA 1ことAxSxAさん(essential/DASHBOARD)のソロみたいなやつ。

頭から布を羽織ってバックトラックに台にのせたエフェクターやら色んなちっちゃな楽器をいじってならしていて、なんか曲ってよりはBGMみたいな感じ?で、終始??な感じでした(笑)

でも何だか凄いような、不思議な感じでした。


その後もワイワイ盛り上がっていて、建物内はアルコール禁止だったのでコンビニで買ったビールが凄く飲みたかった。

途中で我慢できなくなって外で急いでグビグビ飲んだけどね。

傍から見たら完全に変な人だけどさ。


ffeeco womanが勢いがあって良かった。

ドタバタなPOP PUNKでとにかくダダダダッていく感じ?

stiffeenから出てそうな懐かしい感じで、でもそういう感じのはライブで初めて見たね。

デモを買おうと物販みたらたぶんコレ持ってるじゃん!って思ったんだけど、家で確認したらなかったね。

ユニオンで見たのか?

買えば良かった。


ボンジュールはいつも通りで。

あの「次は~っていう曲をやります」って言う曲振りが良い。

もうアレだけで良いんじゃないかってくらい。

たいてい曲調は一緒だからね(笑)

あの曲振りも含めて一曲だよね。

凄く好きです。


最後OPAC。

なんかひねくれてるよね。

それがたまらない。なんて言って良いかわからないけど。

デモも買えて満足しました。

お酒が飲めない以外は、近いし広いし設備もちゃんとしてるし、法政良いね。


***


明日も天気が良いらしいし、早起きして洗濯して動こう。

何かしよう。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 OURxSOUND all rights reserved.Template byCherish@Web.
プロフィール

SxMA

Author:SxMA
堕落してばかりです。
SxMAです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク