FC2ブログ
日常の全ては音からできている。…んですかね?
たまに見ているブログに出ていた内容で、エルサレム賞をとった村上春樹の現地(エルサレム)での授賞式のスピーチにしびれた。

すげえや、って思った。




「高くて、堅い壁があって、それにぶつかって壊れる卵があるとしたら、私は常に卵側に立つ」

下記より引用
http://www.47news.jp/47topics/e/93879.php



だそうだ。大勢がいる公の場で、しかもあんな場所でこんなことが言えるだろうか?

前後の話もこれを引き立てるように効いてくるし。

さすが小説家って感じだ。



こんなこと言ったって全く説得力ないけど、ワタシも同感だぜ!春樹。







追記
これを書いたあとに色々と見てまわったら結構話題になっているらしいね。

同じ物を見てそれぞれとらえ方に違いが出てくるのは当たり前だけど、少し偏見的な目で見る人もいるみたいだね。

英語のスピーチなのでその和訳の仕方によってもだいぶ印象は変わってくるよね。

スピーチでも言ってるように、多くの場合、真実本来の姿を把握し、正確に表現することは事実上不可能です。

この場合も同じですよね。

正確な内容云々よりも、あの場で他にこんな影響の与えるような発言をしたこと自体が既に賞賛に値すると思うし、そのことがワタシがスピーチに動かされた根拠にもなるわけです。

って話がかたいな。

他の考えをみて心配になったので書いてみました(笑)
スポンサーサイト



// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 OURxSOUND all rights reserved.Template byCherish@Web.
プロフィール

SxMA

Author:SxMA
堕落してばかりです。
SxMAです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク